新しいブログはこちらをクリックでお願いします♪

新しいブログはこちらから♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログのお引越しをします♪

2年間お世話になったこちらのブログから、

新しいブログへお引越しをすることになりました。

新ブログのURLはこちらです。

お手数をおかけして申し訳ありませんが、これからも

どうぞよろしくお願いいたします。

096

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画 「未来の食卓」

山口のお友達 結女さんが、未来の食卓

自主上映会のお手伝いをなさっています。

「未来の食卓」の自主上映会ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

食卓から始まった小さな奇跡が 人々の幸せを紡いでいく
  南フランス・バルジャック村の1年間を描いたドキュメンタリー


美しい自然に囲まれた南フランス、バルジャック村。

ジョーレ村長は子供たちの未来を守るため、

”学校給食と高齢者の宅配弁当をオーガニックにする”

という前例のない試みに挑戦しました。

大人たちは「オーガニックは値段が高いのに、

村の財政でまかなえるのか」と戸惑っていましたが、

オーガニック給食や学校菜園での野菜作りを通して

自然の味を覚えた子供たちに巻き込まれ、

小さな村は少しずつ変化していきます。


日時 8月20日(金)
    13:30~
    18:30~の2回公演

場所 宇部文化会館 2F 研修ホール
    宇部市朝日町8番1号   

TEL 0836-31-7373

入場料金
前売り券 一般1,000円
     学生  400円 
     小学生以下無料(但し、整理券要)

当日券  一般1,200円
     学生  500円
     幼児(6歳以下無料)

主催 「未来の食卓」上映実行委員会
    チケット受け付けHPはこちら 
     http://2951.tk/mirai/(予告編も見れます)

全国の自主上映会の劇場情報はこちら♪

土、空気、水、太陽、それは私たちと切っても

切り離せないものだから・・・

そして、私たちそのものだから。

限りない豊かさに深い感謝を捧げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月に入って・・・

8月2日から、山口に住む妹夫婦の子供たちが、

NYにやってきました。

中学2年生の甥と中学1年生の姪です。

甥と姪は石垣島に住んでいた幼稚園児の時にも

NYに来ているのですが、殆ど覚えていないようです。

(その時泊ったマンハッタンのホテルに近づいた時、

甥が覚えていたのでびっくり。甥は今回、ライの道も

一日で覚えてしまいました。道だけは記憶するようで

これって男の子脳っていうのでしょうか?)

いとこ同士で、一緒にいるだけで楽しそうでしたが、

折角なので、ヤンキースの試合を見に行ったり、

姪はネイルサロンに行ったり、子供連れでもOKの

タイムズスクエアのステーキレストランに行ったり。

庭でBBQの際には、食べ盛りの中学生3人と、

男子高校生並みの食べっぷりの長女がいたのでは、

私はやっぱり炊事担当ですね~

そして8日から、NYの北のフロストバレーに、

2週間のお泊りキャンプに出かけていきました♪

キャンプのブログの、上から7番目の写真の右側の

赤いTシャツの子が甥で、8番目の右から3人目の

白いトレーナーの子が姪です。

次男も一緒に参加していますが、別のグループです。

次女も日にちは違いますが、カウンセラーのトレーニング

キャンプに、2週間参加していました。

次女は和食がないと持たないので、家に戻って

開口一番に、「今晩は手巻き寿司にして欲しい!」と、

懇願してくるのが可笑しかった・・・

ちなみに次女は牛肉は全く食べられません。

そのうち、家族全員そうならないかしらねえ・・

次女は、戻って来てこの10日間、家にいたのは1日だけです。

15歳ってなんて元気一杯なのでしょう?

眩しいほどです。

お子様グループの3人はキャンプに行って留守。

長女と次女は家にいないことが多くて、帰りが遅くなると

気になりますが、私は送り迎えを頼まれるだけ。

娘の友達が遊びに来ると、部屋から笑い声やギターと

歌声が聞こえてきます。

夜になると、星を見るのが楽しみです。

こんなに静かに過ごす夏は、NYに来て初めてです。

8月に、スカイプセッションでヒーリングをさせていただきました。

その方の喉のエネルギーは、暖かな優しさに溢れていて、

私の方が涙が出るほど癒されました。

この夏も、ヒーリングさせていただいた方々へのメッセージは

同時に私の奥底を赦し、解き放ってくださいました。

平和と喜びを携えてきてくださった方々に、有難うございます

と、深い感謝を送ります。

そして常に、私は光のしもべ、使いでありたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pratt Institute の Exhibition

Pratt Institute の Pre College 最終日。

学生のExhibitionを見に行ってきました。

長女は、写真、モデル画、notan を

出していました。

熱心に取り組んだことが伝わってくる作品でした。

写真の担当の先生から、長女が展示の準備を

数日間、夜中にクラスの分も引き受けて作って

いたことを聞きました。

普段生徒を誉めることは一切なさらないという

先生が、この日、作品をとても誉めてくださって、

長女が驚きつつも喜んでいました。

9時から5時半までの授業と毎日の宿題、

週末は、金曜日の夜と、土日のアクティビティーを

欠席するとディテンションになるので、かなり濃い

毎日だったようです。

厳しくも優しい先生や、闊達な友達に恵まれて、

ルームメイトとも離れ難く、インスパイアされる

ことがたくさんあり、喜びの瞬間を過ごして

きたようです。



スイートルームメイトの一人は、掃除道具を

持って来ていて、部屋の掃除はもちろん、

最後にバスルームもピカピカに綺麗に

してくれていました。

長女の電気ポットも役にたったそうで、

今回も、味噌スープが人気だったようです。

アメリカの大学はアルコールにとても厳しくて、

最後の夜に、大学のすぐ外でお酒を手にしていた

生徒は、全ての単位と作品を水の泡にして

しまったそうです。

長男が通っている日本の大学では、学内の

学生用のセンターの部屋を安く借りて、

アルコールを持ち込んでコンパをするそうです。

親元を離れる前に、規制があってもなくても、

自分を大切にすることを身に着けて欲しいと

切実に感じました。



戻って来た翌日は昏々と眠っていましたが、

今日からまた、よく食べるわ食べるわ・・・

今夜は早速ビーチで地元の友達に再会して

いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狸さんからのメッセージ!?

先日、スカイプでお顔を見せてくれたMさん。

特に目的があったわけではなくって、

ちょっと用事があっただけなのです。

でも、話し始める前から、狸さんが一緒に

いるような気がして仕方ないのはどうしてでしょう?

しかも狸さんが、Mさんのお庭の角にあるものを

他の場所に移して欲しいと言ってるように、

聞こえてくるのです・・

Mさんのおうちの庭に狸さんがいるはずもないし・・

と思ってMさんに恐る恐る話してみたところ、

「最近、狸が庭に現れるの・・・」と

おっしゃるではないですか。

そして、お庭の角の何も無かったところに、

最近花壇を作ってお花を植えて、家庭菜園も

始めたところ、虫が付かないようにと植えた、

マリーゴールドやゼラニュームだけがなぜか

全部枯れてしまって・・というお話でした。

003

どうもそこは、狸さんの通り道のようで、匂いのキツイ

植物が苦手なのかもしれませんね。

004

こんな風に、動物からのメッセージを

いただくこともあるんですね~♪

我が家には、尻尾の白いうさぎが現れます。

まあるく白いのがなんとも言えません。

抱くことはできませんが、野生のうさぎの

すばしこさも、本当に可愛いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美味しい!

昨夜から急に涼しくなったので、

今朝はお味噌汁を作りました。

KIJXで習った、お味噌汁の作り方です。

015

お友達のEさんお手製のすり鉢で、味噌と

前日から取っておいた昆布と干し椎茸の

お出汁を少し合わせて、ゆっくりゆっくりと

すりこ木で右回しに溶いてゆきます。

今朝の具は、あげとキャベツとぶなシメジ。

優しいふくよかな味になりました。

夜は、夫が仕事関係の食事がキャンセルに。

そこで、ビールに合う餃子を作りました。

心なしか丁寧に、いつもより少ない50個を

包みました。

今日の材料は、豚のひき肉、卵、キャベツ、

玉葱、ネギですが、白菜がある時は、ニラ、

椎茸、春雨の組み合わせも美味しいです。

ニンニクをすりおろしたり、生姜の絞り汁を

入れるのではなくて、どちらも細かく刻んで

入れます。

豚肉に、塩、胡椒、醤油、ごま油、ガラの

スープ粉末、味噌で味付けをして、良く練ります。

粘りが少ない時は、片栗粉を少し入れます。

焦げ目をしっかりとつけて、ふわっともちっと、

焼き上がりました。


食後に、宇治金時を作ってみました。

お友達にいただいた、京都の中井通夫さん作の

有機抹茶と阿波和三盆糖のグリーンティーを

カキ氷にかけてみました。

渋いグリーンの色味が涼しげで、甘味も程よく

冷たい喉越しが嬉しい一瞬でした。

夫はミルク宇治金時にして満足していました。

昨晩も、ゆっくりと炭火で焼きものをしたりして、

食べることばかり考えているような気がしますが、

夏の元気の元ですから、美味しく食卓を囲もうと

思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マヤ暦 時間をはずした日に・・

今日は、マヤ暦で時間をはずした日と

いわれている一日でした。

そんな日の朝だったからでしょうか?

はっきりと夢をみました。

長女と次女が、私に手を振りながら歩いて

行きました。

夢を見た直後はとても鮮やかだったのに、

よく思い出せなくなりました。

でもはっきりと胸に残っているのは、

「大人になって、歩んでいくんだな・・」と

感じたことでした。

夢の中の二人の印象はもう子供では

ありませんでした。

私と娘たちの関わりが、これから大きく

変わっていくことを、はっきりと気づかされる

ような夢でした。

子離れ・・

きっと、その時が来たんだと思います。

次女は今日から、YMCAのカウンセラーの

トレーニングキャンプに出発しました。

持たせたお弁当の中身を見て、

「ウインナーがタコになってる~♪」と

笑っていた次女は、私が何も言わなくても、

自分の部屋を掃除して綺麗に整えて

出かけて行きました。

今夜は満月です。

キャンプ場のお月さまも、綺麗に輝いて

いることでしょう。

命の輝きも、静かな心にいつも在ります。

命の流れ、愛の広がりにお任せして、

静かな心にポッと浮かんでくるガイドの導きに

沿っていきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

シンプルな幸せ

朝起きて、キッチンとダイニングの窓から見える

緑の美しさに感動しています。

蝉の声が聞こえてくると、今日一日、命を

輝かせることだけをしようと思います。

その命は私のものでもなく、誰のものでもなく

そこにただ在るものだと感じています。

朝ごはんのお米の一粒に、梅干の香りに

いただいたお漬物の歯ざわりに、命の輝きが

在ります。

長女から、電話がありました。

何にでも心をオープンにして一所懸命に取り組む

ところは夫の母譲りです。

先生や友達とのよき出会いにも恵まれて、

17歳の夏を輝かせているようです。

次女は、週末からの宿泊キャンプの準備をしながら

教会のキャンプでボランティアを続けています。

子供たちとの交流が楽しくて仕方ないようです。

昨日はうさぎのクッキーが帰って行きました。

初めてのうさぎのお世話の経験に感謝です。

次男とは、毎日少しづつ日本語の課題に

取り組んでいます。課題のプリントにある文章に

私が感動したりしています。

次男と日本語の勉強をするのは、心を通してでないと

お互いにハッピーではいられないので、

工夫も根気も必要ですが、その過程が思いがけない

幸せな交流を運んで来てくれます。

次男は夕方になると、ハイスクールの競技場で

サッカーの練習をしています。

中学受験を前に、昼間は毎日塾で頑張っている友達が、

2時間半の練習をともにしてくれています。

今日もどんな日になるでしょうか?

愛の一日をおくることができますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

New York Film Academyへ

次女が演技の勉強をしたくて、昨年から計画して

いたようで、ユニオンスクエアにある、New York

Film Academy の説明会に行ってきました。

117_001

アクティングのクラスは、毎年9月から12月までの

土曜日に授業があります。

昨年の11月から、縁があって始めた美容院での

アルバイト代をこのクラスに使いたいと、

真剣な眼差しで話す次女。

この日も、2学期の補習校をお休みする分の

補習授業を、ニューロッシェルのオフィスで

受けさせていただいたあと、

そのままマンハッタンに向かいました。

117_002

一人でマンハッタンに通うのは私たちが許可しないと

知ってか、同じハイスクールの友達も、一緒に

通うことになっているからと。

友達は、地元の街のヨットクラブでアルバイトをして

授業料を貯めている最中だそう。

高校生になると、親の所属するクラブではなく、別の

ビーチクラブで働くのが慣例なのだそうです。

117_003

次女の静かな決心に押されたかのようですが・・・

117_009

説明会

117_011

好きなことに迷わずまっすぐ向かって行く次女を、

見守りたいと思います。

117_013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«マンハッタンの教会と美術館