« ライ・ビーチ   | トップページ | 5月の満月の前夜  »

2010年5月21日 (金)

インターナショナルフェスティバル

ハイスクールのインターナショナルフェスティバルに

行ってきました。

生徒たちの自主サークル活動の一環で、毎年行われています。

各国の料理が並んでいます。

塩味だけのおにぎりも、変わらず人気が有ります。

002

国ごとのブースに展示があり、

31637_395205739500_577369500_389875

31637_395206124500_577369500_389880

日本紹介のコーナーでは・・・

ピーナッツバターとイチゴのジャムのお寿司!?

プレッツェルを挟むという子供の発想がすごいですね~

これはもう、カリフォルニアロールを超えたのでは?

31637_395206439500_577369500_389885

31637_395206419500_577369500_389884

折り紙や書道に参加する生徒たち

31637_395206369500_577369500_389884

31637_395206409500_577369500_389884

アメリカ人の生徒たちも参加して、弦楽器のアンサンブル、

フランス語の歌とギター演奏、オーストラリアのテクノダンス、

スコットランドのフォークダンス、日本のソーラン節を披露した

そうです。

私は次男のサッカーのお迎えがあって途中で抜けたので、

あとでビデオを見たのですが、ソーラン節を30人で上手に

踊っているのが、なんとも微笑ましかったです。

この日の朝、次女が目が痛いというので、救急で見ていただける

眼科を探して行きました。初めての待合室では、色々な言語が

飛び交い、先生はユーモアたっぷりのインド人の先生。

アメリカは、医学部で一番優秀な学生でないと眼科を専門として

選ぶことができないと聞いたことがあります。

日本人の瞼の特徴から、日本の料理や日本語のことなど

色々な話をしながら、丁寧に診ていただいて安心しました。

受付の方たちも、看護士さんも皆さんあったかくて親切で、

ホッとしました。

夜は、インターナショナルフェスティバルで和気藹々とした

子供たちの姿を肴に!?美味しい手料理をいただき、

この日は、一日中 「私たちは地球人」の気分を満喫しました。

« ライ・ビーチ   | トップページ | 5月の満月の前夜  »

コメント

keikomさん

この街の3つの小学校の3年生で必ず日本紹介というのがあって、街の日本食レストランでもお寿司が人気です。なので、どこかでお寿司を握る経験をした親子が多いんですよ~ただ、今回の寿司ネタは初めてでした。お味はどうだったんでしょうね!?

お寿司は各自が自分で巻いたのですか?
ピーナツジェリーとかプレッツエルとか、発想豊かですね~!お味は?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インターナショナルフェスティバル:

« ライ・ビーチ   | トップページ | 5月の満月の前夜  »