« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

ブログのお引越しをします♪

2年間お世話になったこちらのブログから、

新しいブログへお引越しをすることになりました。

新ブログのURLはこちらです。

お手数をおかけして申し訳ありませんが、これからも

どうぞよろしくお願いいたします。

096

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画 「未来の食卓」

山口のお友達 結女さんが、未来の食卓

自主上映会のお手伝いをなさっています。

「未来の食卓」の自主上映会ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

食卓から始まった小さな奇跡が 人々の幸せを紡いでいく
  南フランス・バルジャック村の1年間を描いたドキュメンタリー


美しい自然に囲まれた南フランス、バルジャック村。

ジョーレ村長は子供たちの未来を守るため、

”学校給食と高齢者の宅配弁当をオーガニックにする”

という前例のない試みに挑戦しました。

大人たちは「オーガニックは値段が高いのに、

村の財政でまかなえるのか」と戸惑っていましたが、

オーガニック給食や学校菜園での野菜作りを通して

自然の味を覚えた子供たちに巻き込まれ、

小さな村は少しずつ変化していきます。


日時 8月20日(金)
    13:30~
    18:30~の2回公演

場所 宇部文化会館 2F 研修ホール
    宇部市朝日町8番1号   

TEL 0836-31-7373

入場料金
前売り券 一般1,000円
     学生  400円 
     小学生以下無料(但し、整理券要)

当日券  一般1,200円
     学生  500円
     幼児(6歳以下無料)

主催 「未来の食卓」上映実行委員会
    チケット受け付けHPはこちら 
     http://2951.tk/mirai/(予告編も見れます)

全国の自主上映会の劇場情報はこちら♪

土、空気、水、太陽、それは私たちと切っても

切り離せないものだから・・・

そして、私たちそのものだから。

限りない豊かさに深い感謝を捧げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8月に入って・・・

8月2日から、山口に住む妹夫婦の子供たちが、

NYにやってきました。

中学2年生の甥と中学1年生の姪です。

甥と姪は石垣島に住んでいた幼稚園児の時にも

NYに来ているのですが、殆ど覚えていないようです。

(その時泊ったマンハッタンのホテルに近づいた時、

甥が覚えていたのでびっくり。甥は今回、ライの道も

一日で覚えてしまいました。道だけは記憶するようで

これって男の子脳っていうのでしょうか?)

いとこ同士で、一緒にいるだけで楽しそうでしたが、

折角なので、ヤンキースの試合を見に行ったり、

姪はネイルサロンに行ったり、子供連れでもOKの

タイムズスクエアのステーキレストランに行ったり。

庭でBBQの際には、食べ盛りの中学生3人と、

男子高校生並みの食べっぷりの長女がいたのでは、

私はやっぱり炊事担当ですね~

そして8日から、NYの北のフロストバレーに、

2週間のお泊りキャンプに出かけていきました♪

キャンプのブログの、上から7番目の写真の右側の

赤いTシャツの子が甥で、8番目の右から3人目の

白いトレーナーの子が姪です。

次男も一緒に参加していますが、別のグループです。

次女も日にちは違いますが、カウンセラーのトレーニング

キャンプに、2週間参加していました。

次女は和食がないと持たないので、家に戻って

開口一番に、「今晩は手巻き寿司にして欲しい!」と、

懇願してくるのが可笑しかった・・・

ちなみに次女は牛肉は全く食べられません。

そのうち、家族全員そうならないかしらねえ・・

次女は、戻って来てこの10日間、家にいたのは1日だけです。

15歳ってなんて元気一杯なのでしょう?

眩しいほどです。

お子様グループの3人はキャンプに行って留守。

長女と次女は家にいないことが多くて、帰りが遅くなると

気になりますが、私は送り迎えを頼まれるだけ。

娘の友達が遊びに来ると、部屋から笑い声やギターと

歌声が聞こえてきます。

夜になると、星を見るのが楽しみです。

こんなに静かに過ごす夏は、NYに来て初めてです。

8月に、スカイプセッションでヒーリングをさせていただきました。

その方の喉のエネルギーは、暖かな優しさに溢れていて、

私の方が涙が出るほど癒されました。

この夏も、ヒーリングさせていただいた方々へのメッセージは

同時に私の奥底を赦し、解き放ってくださいました。

平和と喜びを携えてきてくださった方々に、有難うございます

と、深い感謝を送ります。

そして常に、私は光のしもべ、使いでありたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pratt Institute の Exhibition

Pratt Institute の Pre College 最終日。

学生のExhibitionを見に行ってきました。

長女は、写真、モデル画、notan を

出していました。

熱心に取り組んだことが伝わってくる作品でした。

写真の担当の先生から、長女が展示の準備を

数日間、夜中にクラスの分も引き受けて作って

いたことを聞きました。

普段生徒を誉めることは一切なさらないという

先生が、この日、作品をとても誉めてくださって、

長女が驚きつつも喜んでいました。

9時から5時半までの授業と毎日の宿題、

週末は、金曜日の夜と、土日のアクティビティーを

欠席するとディテンションになるので、かなり濃い

毎日だったようです。

厳しくも優しい先生や、闊達な友達に恵まれて、

ルームメイトとも離れ難く、インスパイアされる

ことがたくさんあり、喜びの瞬間を過ごして

きたようです。



スイートルームメイトの一人は、掃除道具を

持って来ていて、部屋の掃除はもちろん、

最後にバスルームもピカピカに綺麗に

してくれていました。

長女の電気ポットも役にたったそうで、

今回も、味噌スープが人気だったようです。

アメリカの大学はアルコールにとても厳しくて、

最後の夜に、大学のすぐ外でお酒を手にしていた

生徒は、全ての単位と作品を水の泡にして

しまったそうです。

長男が通っている日本の大学では、学内の

学生用のセンターの部屋を安く借りて、

アルコールを持ち込んでコンパをするそうです。

親元を離れる前に、規制があってもなくても、

自分を大切にすることを身に着けて欲しいと

切実に感じました。



戻って来た翌日は昏々と眠っていましたが、

今日からまた、よく食べるわ食べるわ・・・

今夜は早速ビーチで地元の友達に再会して

いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »